百手(桃原・川戸・永渕・庵谷)

町指定文化財(無形文化財)昭和3年4月26日

大豊町には、代表的な百手(ももて)として「桃原百手」「川戸百手」「永渕百手」「星神社百手(庵谷)」の4つが伝承されており、400年以上の歴史がある。桃原百手は熊野十二所神社で古式ゆかしく羽織、袴の装束で行われる。また西峰以外の百手はほとんど西的であるなかで、川戸百手は東的になっている。これは、祭神が宇佐八幡宮の分霊を祀っているため、九州本社の西方向を避けて東的にしたといわれる。一方、永渕神社の永渕百手では行事を采配する総奉行は羽織と袴を着用するが、射手の服装は紺袴、白の上衣といういでたちで行う素朴な百手として知られている。星神社百手(庵谷)は現在では大豊町で唯一の、新春(旧暦1月)に行われる百手である。

s_庵谷百手2015年-20
s_庵谷百手2015年-7

桃原百手

交 通

大豊ICから車で45分

開催時期

旧暦9月18日

問い合わせ先

0887-72-0450(観光開発協会)

駐車場

駐車場なし

川戸百手

交 通

大豊ICから車で45分

開催時期

旧暦9月15日

問い合わせ先

0887-72-0450(観光開発協会)

駐車場

駐車場なし

永渕百手

交 通

大豊ICから車で40分

開催時期

旧暦9月18日

問い合わせ先

0887-72-0450(観光開発協会)

駐車場

駐車場なし

星神社百手(庵谷)

交 通

大豊ICから車で25分

開催時期

旧暦1月20日

問い合わせ先

0887-72-0450(観光開発協会)

駐車場

駐車場なし

 桃原百手

 川戸百手

永渕百手

星神社百手(庵谷)

Copyright (C) 大豊ナビ All Rights Reserved.